照明を付けて寝ると太るのでダイエットしている人は注意が必要!?

スポンサーリンク

電気を付けたまま寝ると太る

アメリカの研究機関が「夜に電気をつけたまま寝ると体重増加につながる」という調査結果を発表したそうです。

特に男性より女性の方が、太りやすいとのことです。

上記は、アメリカの国立衛生研究所が、約4万4000の女性を対象に、5年の歳月をかけて行った調査だそうです。

調査内容は、睡眠時の明かりを「照明・テレビの明かり」「真っ暗」などに分けて調べた。

5年後に体重などを計測すると、照明などをつけて寝る女性の方が、5キロ以上太る割合が17%高かったという。

睡眠の質が悪くなる

睡眠専門医いわく、照明をつけて寝ると、睡眠の質が悪くなる可能性がある。

睡眠の質が悪くなると、体が危機的な状況と思い込み、エネルギーをためようとして、太るという関係があるかも。

部屋を明るくして寝ると、体がストレスを感じて、エネルギーを求めて食欲が増すことがあるという。

また、睡眠直前の飲酒やスマートフォンの使用も、睡眠の質を下げる原因になるという。

私の場合について

私の場合は、部屋を暗くしないと、基本的に寝ることができません。

また、どうしても眠くなってしまうと、照明が付いていようがいまいが、寝てしまいます。

しかし、照明が付いていると大抵の場合、短時間で起きてしまいます。

その理由は、照明の明かりが気になってしまい、結果的に起きてしまうからです。

そこで、照明を消してから二度寝とか三度寝とかすることが、たまにあります。

照明云々は関係ない!?

常に部屋が明るくないと、眠れないという人をたまに聞きます。

また、照明とは違いますが、テレビを付けてないと寝れない。という人も、たまに聞くことがあります。

そういった人の体型を見ると、痩せている人もいれば太っている人もいます。

そこで、照明が付いていると太るというのは、関係ないのかなと思うのですが・・・

しかし、正確なデータを取ったわけではないので、私の単なる思い込みかもしれません。

最後に

また、別の研究チームでは、夜間に人工の光に当たると、睡眠を促すホルモンのメラトニンの分泌が抑えられる点に着目

そのことで、体内時計や食生活が乱れ、肥満につながる可能性があるとしています。

そこで、ダイエットしている人は、照明を消して寝た方が、良さそうな気がします。

しかし、照明が付いてないと寝れないとなれば、無理やり照明を消して寝ても、眠りは浅くなるのかなと思います。

そこで思うのは、自分が一番良いと思う方法で寝ることで、ストレスをためないことが、一番良いのかなと思います。

ダイエット日記ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました