ダイエット中におすすめのアイスの選び方や食べ方について

スポンサーリンク

ダイエット中に甘い物は厳禁

ダイエット中だと、甘い物を食べたいと思っても、甘い物を食べるのは、NGとか厳禁と考えると思います。

それは、甘い物の多くは「カロリーが高い」からです。

例えば、菓子パンの「メロンパン」のカロリーは、高い物になると「1000kcal」を超えるメロンパンもあります。

1000kcalといえば、成人男性が1日で摂取するカロリーの「約半分」に匹敵しますので、いかにメロンパンのカロリーが、高いかとわかると思います。

おにぎりを食べた方が良い。

また、クリームなどが入っていない、普通に売っているドーナツ1つのカロリーは「約300kcal前後」になります。

さらに、チョコパイ1箱(6個入り)のカロリーは「1000kcal」近くあります。

ちなみに、コンビニで売っているおにぎり1個のカロリーは、種類にもよりますが、平均すると「約220kcal前後」になります。

それを考えると、甘い物を食べるならおにぎりを食べた方が、満腹感や腹持ちなどが良いと思います。

百も承知だと思いますが…

ダイエットをしている人なら、種類にもよりますが、甘い物を食べるのは厳禁だと、百も承知だと思います。

しかし、ダイエット中でも食べたくなってしまうのが、甘い物になると思います。

そこで、今回は甘い物でも「アイス」を例にして、ダイエット中のアイスの選び方や食べ方など、以下に説明したいと思います。

以下、ダイエット中に食べるアイスの参考になればと思います。

カロリーが低いアイスの例

アイスといえば、ミルクを多く使ったミルクアイス、植物性脂肪が多く使われているラクトアイスなどがあります。

そして、ダイエット中におすすめしたいのは、氷菓と書かれている氷状のアイスになります。

氷菓のアイスの例としては、有名な赤城乳業の「ガリガリ君」のカロリーは「70kcal」(ソーダ味)になります。

一方、某有名なアイスクリームのカロリーは、カップ1個で「約240kcal」になります。

それは、味に違いはありますが、同じような容量なのに、カロリーとしては「3倍以上」も違うということです。

氷菓かカロリーオフがおすすめ!

ということで、ダイエット中にアイスを食べたいと思ったときには、氷菓と書かれたアイスをおすすめします。

それは、ダイエット中に食べても、カロリーが低いことで、太ることが少ないからです、

もしくは、パッケージに「カロリーオフ」などと書いてあるアイスも、比較的カロリーが低いアイスになりますのでおすすめです。

ただし、カロリーが低くても多く食べれば太りますので、食べ過ぎには注意が必要です。

また、アイスを食べる時間帯は、寝る前に食べると太りやすいので、体の代謝が良い「15時~18時前後」に食べるのが良いとのことです。

ダイエット日記ブログンキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!