夜8時とか9時以降に食べないダイエットは効果があるのか?

スポンサーリンク

夜〇時以降食べないダイエット

ダイエットの方法の一つに、夜8時以降に食べないとか、夜9時以降に食べないなどのダイエットの方法があります。

そして、そのようなダイエットをしたところ、痩せたという話しをテレビやネットで聞くことが多くあると思います。

そこで、夜〇時以降に食べないダイエットは、ダイエットとして本当に効果があるのかを調べてみました。

以下、ダイエット方法の参考になればと思います。

熟睡できる。

まず、夜8時とか9時以降に食べないことで、楽に痩せられたとの記事をネットで拝見しました。その内容は・・・

夕食を食べてから寝るまでの間、基本的に何も食べることはありませんので、寝る前には夕食で食べた物の消化が終わっています。

そのことで熟睡することができ、熟睡で体が休まることでダイエットの効果があり、健康にも良いとのことです。

それは、ダイエットの効果だけでなく、健康にも良いとなれば、夜〇時以降に食べないダイエットをやる価値はあると思います。

生活リズムの改善

また、夕食以降は基本的に何も食べないことで、お腹が空く前に寝る習慣が身に付き、生活リズムが改善されるそうです。

生活リズムの乱れは、ダイエットに不向きなだけでなく、美容や健康などにも悪いとされています。

ですので、生活リズムを一定に保つことは、ダイエットのことだけでなく、ダイエット以外の効果も期待できる可能性があるということです。

ということで、夜8時とか9時以降に食べないダイエットをすることは、良いこと尽くめということになると思います。

向かない人もいる。

しかし、夜8時とか9時以降に食べないダイエットは、向いている人と向いてない人がいるそうです。

その向いていない人とは「早目に夕食を取る人」で、例えば、夜6時に夕食を取って12時に寝るとすると、その間は「6時間」あります。

その6時間、ずっと食べなでいると空腹になり、人によっては多く食べてしまう。

そのことで、夜8時とか9時以降に食べなかったとしても、返って太ってしまうということもあるそうです。

最後に

夜8時とか9時以降に食べないダイエットは、ダイエットとして効果があるとのことです。

ただし、環境的にできる人とできない人(仕事で夜遅くに食事を取る人など)がいますので、自分の環境が合えば試す価値はあると思います。

そして、夜8時とか9時以降に食べないことを徹底すれば、それ以外は基本的に何を食べても良い(食べ過ぎれば太ります。)とのことですので・・・

そこで、気楽に簡単にできるダイエット方法の一つになると思います。

ダイエット日記ブログンキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!