夕食の食事の量か多く偏っていると太りやすい体質になる。

スポンサーリンク

夕食とダイエットについて

多くの人に当てはまると思いますが、食事の量で一番多いのは「夕食」になると思います。

また、太ってい人の多くも、夕食の量が一番多いと思います。

そして、太っている人の一日の摂取カロリーを計算してみると、必要以上に食べていて、カロリーオーバーしています。

夕食を多く食べると太る理由は、一つに夜になると血糖値が高くなり、脂肪を作りやすい状態になるからです。

そこで、夕食の量を少なくすると、ダイエットに効果があります。

夕食を軽くするとダイエットに効果がある。

また、朝食を抜いたりして朝食を食べないと、前日の夕食から昼食の間までに、間が空いてしまいます。

そのことで、昼食を多く食べたり、夕食を多く食べてしまうなどがあると思います。

そこで、朝食を抜いたりしても、昼食や夕食を多く食べてしまうと、太りやすい体質を作ることになります。

ですので、朝食と昼食は普通に食べて、夕食の量を軽くすることで、ダイエットに効果があります。

夕食の量が多ければ太ってしまう。

また、朝食を抜いているのにも関わらず、太ってしまうとか・・・

朝食と昼食を軽目にしているのに、太ってしまうなどの人は、夕食に食べる量が多いから太るのだと思います。

もしくは、寝る2~3時間前に、何か食べていませんか?

食べ物を食べてから消化するまでには、2~3時間掛かるといわれています。

そこで、寝る2~3時間前に何かを食べると、消化されず残ってしまい、それが脂肪になり太るというのがあります。

夜寝る前には食べない!

ですので、夕食を食べてから寝るまでは、基本的に何も食べない方が、ダイエットには良いとされています。

それでも、もし何か食べたくなってしまい、我慢できないとなれば・・・

消化が良いゼリーとかヨーグルトを食べるとか、もしくは温かいミルクを飲むとかだと、消化に掛かる負担が少ないそうです。

とにかく、夕食の量が多く偏った食事をする人は、太りやすいということです。

BMAL-1につて

余談になりますが、なぜ夜遅くに食べると太るのかについては・・・

夜中に食べて太ることには「BMAL-1」(ビーマルワン)という「たんぱく質」が関係しているからです。

BMAL-1とは、体内時計を整える役目を担っていて、BMAL-1の量が増えるほど、脂肪が溜まり太りやすくなります。

また、BMAL-1は、夜中の2時頃に量がピークに達しますので、夜遅くに食べると太りやすくなるということです。

ダイエット日記ブログンキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!