ダイエットではバナナを食べるなというのは本当なのか?

スポンサーリンク

ダイエットにバナナは向かない!?

ダイエットには、バナナは向かないといいます。

その理由は、フルーツの中でバナナは、糖質が多い果物になるからです。

そして、ダイエットでは糖質が多い食べ物はNGになりますので、ダイエットには向かないということです。

確かに、バナナを食べるにも、食べ過ぎは良くないと思います。

しかし、それは食べ過ぎることが前提で、適度な量なら問題ないと思います。

食物繊維が多く含まれている

さらに、バナナには食物繊維が多く含まれていますので、その点でメリットがあります。

それは、食物繊維が多いことで、便秘を解消して便通を良くしたり、腸内環境を良くする働きがあるからです。

さらに、便通が良くなることで、美容や健康にも良いといわれています。

ですので、バナナがダイエットに向かないとは、決していえないと思います。

バナナダイエットで痩せた

そして、バナナダイエット(朝バナナダイエット)を始めてから、痩せたという意見も多くあります。

ですので、糖質が多いからNGだと決めつけてしまうのは、どうかと思います。

糖質は、体を動かすエネルギーになりますので、過度に避けるのは危険です。

そこで、上記の繰り返しになりますが、バナナを食べるのに適量ならば、特に問題ないと思います。

また、バナナは数日日持ちしますし、手軽に食べられるのも良いと思います。

毎日同じではダイエットは続かない

上記のバナナに限らず、パンやご飯なども糖質が多いといわれています。

そこで、ダイエットをするなら、バナナ以外にもパンやご飯も食べない方が良いといいます。

しかし、そんなことをいってしまっては、食べる物がなくなってしまうと思います。

それは、コンニャク、豆腐、大根、キャベツなど、糖質が少ない食べ物を毎日食べる生活になります。

それでは、ダイエットが続かないと思います。

最後に

とにかく、上記のバナナに限らず、食べ物は「適度」に食べることが大切だと思います。

そこで、バナナについても、適度に食べていれば問題ないと思います。

ちなみに、バナナの適量は、一日一本か多くても二本程度が、適量といわれています。

その適量をしっかりと守れば、ダイエットでバナナを食べても、特に問題はないと思います。

ダイエット日記ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました