大好きな「ジャンクフード」を食べても太りにくい方法とは?

スポンサーリンク

ジャンクフードとは

ジャンクフードとは、栄養的に非常に偏っている、あるいは心身にとって悪いものが含まれているため、健康に問題を起こしやすい加工食品のことです。

一般に、菓子類、インスタント食品、糖分の多い清涼飲料水、ファストフードなどがジャンクフードといわれています。

そして、炭水化物を主とし、油、塩、砂糖などを大量に使い、依存性があり、習慣的に食べ過ぎてしまう傾向が高いといわれています。

健康被害としては、肥満、糖尿病、高血圧症、高脂血症などが挙げられ、トランス脂肪酸による動脈硬化、微量栄養素の不足による種々の体調不良などが挙げられています。

みんな大好きジャンクフード!

ハンバーガーやポテトなどは、高カロリー高塩分で、ビタミンやミネラルなどの栄養価の少ない食べ物はとてもおいしく感じます。

そんなジャンクフードのハンバーガーやポテトなど、嫌いだという人をあまり聞きません。

それだけジャンクフードは、多くの人に好まれていて、大好きな人が多い食べものだということがわかると思います。

しかし、そんなカロリーの高いジャンクフードを、おいしいからと食べ続けていれば肥満になり、その肥満から来るいろいろな病気に掛かってしまうことになります。

■食べ合わせを考える。

ハンバーガーやポテトなどのジャンクフードを食べるときには、サラダやウーロン茶などと一緒に食べることで、食べる量を減らして満足感を得る。

また、そうすることで、栄養のバランスが取れますので、ジャンクフードを食べるときは食べ合わせが大事だということです。

■食べる頻度や量を減らす。

ジャンクフードは、定期的に食べたくなってしまう食べ物だと思います。

ですので、全く食べないとストレスが溜まり、精神衛生上良くないと思いますので、食べる頻度なり量なりを減らすことで、ダイエットや健康などを考えるのが良いと思います。

■食べる時間を考える。

寝る「3~4時間以内」に食べ物を食べると、太りやすくなる傾向がありますので、寝る3~4時間以内には食べない。

また、一般的に食べ物を食べても太りにくい時間帯は「14時前後」ですので、その時間に合わせて食べるなどをすると良いと思います。

■食事を抜く、運動をする。

ジャンクフードは、カロリーが高いので、ジャンクフードを食べるときは、そのカロリー分の食事を抜くなど、1日に必要な摂取カロリーのバランスを取るのが良いと思います。

もちろん、ジャンクフードなど食べず、しっかり3食を食べるのが良いと思いますが、食べたい欲求を抑えるよりも、食べて精神的なバランスを保つ方が良いと思います。

また、ジャンクフードを食べる前もしくは後に、そのカロリー分の運動をすることでも、ダイエットや健康などのバランスが取れると思います。

最後に

ジャンクフードは、私も含めて好きだという人は多くいると思います。しかし、ジャンクフードは、高カロリーで体に良いことはありません。

そこで、食べたい欲求を抑えるのではなく、食べても健康に害を及ぼさない、ダイエットの妨げにならないように食べることが大切だと思います。

それは、上記に書いたようなジャンクフードの食べ方をすることで、健康やダイエットなどの妨げにならないようにすることができると思います。

ダイエット日記人気ランキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク