ダイエットを成功させるには食べる時間帯が重要になる!?

スポンサーリンク

空腹は太る元になる!?

空腹の状態が長く続くと、人間は太りやすくなるといわれています。

それは、空腹の状態が続いた後の食事は、脂肪の吸収率が上がるといわれているからです。

また、空腹を我慢した後の食事は、どか食いしてしまったり食べ過ぎてしまったりなど、ダイエットには不向きな行動になりがちになるからです。

ですので、空腹の状態が続くのは、ダイエットのことを考えると良くないということになると思います。

ダイエットには食べる時間帯が重要!

ただし、空腹の状態がダイエットには良くないといっても、空腹の度にダラダラと食べるのもそれはそれでダイエットには良くありません。

そこで、朝・昼・晩の3食をしっかり食べて、無駄に間食などしないようにすることが、ダイエットには大切で重要になります。

また、食事をする時間もダイエットには重要で、例えば寝る直前に普通に食事をするのは、ダイエットには不向きです。

それは、寝る直前に食事をすると、食べたものが脂肪として体に溜まりやすくなるからで、必要以上に食べることは太る原因になるからです。

食事をする時間帯とは

そして、食事をする時間帯としては「血糖値が下がるタイミング」で、食事をするのがダイエットには効果的とのことで・・・

その時間帯は「6~7時」「10~11時」「16~17時」この3つ時間に合わせて食事をするのがダイエットには良いとのことです。

しかし、上記の時間帯に合わせて食事をするというのは、仕事をしている人などは無理に近いと思いま。

そこで、仕事などで無理だという人は、上記の時間帯前後に食事をすること、また次の食事まで「4時間以上」開けることで、同様に近い効果があるとのことです。

時間帯により食べる物を変える

また、時間帯により食べる物も変えた方が、ダイエットには良いとのことで・・・

朝は、これから仕事などで動きますので、ご飯やパンなどの炭水化物を食べることで、体にエネルギーを与えてやること。

昼は、肉や魚などのメイン料理を食べることで、午後からの活力を補うこと。

夜は、あとは寝るだけですので、野菜などで軽い食事にすること。

最後に

上記の食事をする時間帯と食べる物を守ることで、ダイエットに効果があるとのことです。

しかし、働いていてそれを実践するとなると難しいと思いますので、頭の片隅に入れておいて近い形にすることで、同様に近いダイエット効果が得られるとのことです。

とにかく、食べる時間帯がバラバラなのは、太る元になるといわれていますので、できるだけ規則正しく食事をすることが、ダイエットには重要とのことです。

ダイエット日記ブログンキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク