ダイエットに必需品のゼロカロリー食品はむしろダイエットの天敵!?

スポンサーリンク

ゼロカロリー食品

ダイエッターにとって心強い味方のようなイメージの「ゼロカロリー食品」

ところが、ゼロカロリー食品に用いられている「人工甘味料」は、必要以上に摂取すると肥満や生活習慣病などのリスクを高めてしまうそうです。

ダイエット中にどうしても甘いものが我慢できないときなどに、そのゼロカロリー食品をとるくらいならいいと思いますが・・・

そこで「ゼロカロリーだからいくら食べても平気!」などと、摂り過ぎには注意が必要だということになると思います。

ゼロカロリー食品と食品添加物

ゼロカロリー食品や飲料は、ノンカロリーにするために何かしらの添加物を入れていることがあります。

例えば、水分やミネラルを補給できる有名なスポーツドリンクの成分を見ると、トレハロース、香料、酸味料、人工甘味料(スクラロース、ステビアなど)が含まれています。

これらは、全て「食品添加物」で、体に良くありません。

なぜ食品添加物は体に良くないのか?

そもそも添加物は、なぜ体に良くないのでしょうか?

それは、食品添加物などを毎日摂取すると、味覚が壊れ、糖分を摂りすぎる傾向になってしまうことがあるからです。

それは、肥満や糖尿病につながるほか、うつや腎機機能低下、血管系疾患のリスクが増大する可能性があるといわれています。

また、ゼロカロリー食品ばかり食べていると、食品添加物を人の何倍も過剰摂取してしまうことになる可能性があるそうです。

人口甘味料と依存症

ゼロカロリー食品に多く使われている「人工甘味料」

その人工甘味料は、コカイン以上の依存性があるともいわれています。

・甘いものなしで生活できない
・ついつい甘いものを食べ過ぎる
・お腹が一杯でも甘いものを食べる

人工甘味料を必要以上に取ると、上記のような依存症が出てしまう場合があるとのことです。

最後に

ダイエットには欠かせないゼロカロリー食品やゼロカロリー飲料

私も含めダイエットをしている多くの人が、そのゼロカロリーのものをダイエットに活用していると思います。

しかし、ゼロカロリーにはメリットもありデメリットもあると思いますので、必要以上に取ることなく、適度に付き合って行くということが大切だと思います。

スポンサーリンク