無理せず痩せられる「ゆる食事制限ダイエット」とは?

スポンサーリンク

ダイエットの天敵はリバウンド!

ダイエットの天敵といえば「リバウンド」してしまうというのがあると思います。そのリバウンドをしてしまう理由とは「無理なダイエット」をするためです。

それは、痩せたいからと無理な食事制限をして、野菜だけしか食べないとか、こんにゃくだけしか食べないとか、酷いのは、何も食べないとか・・・

そのような無理なダイエットを続けていれば、次第に無理がたたってしまい、食事制限の緊張の糸が切れたときには、暴飲暴食を繰り返してしまい、結果としてリバウンドしてしまうということがあると思います。

そこで、無理な食事制限をせずにダイエットをする「ゆる食事制限」とい方法を以下に書きたいと思います。

1、21時以降は食べ物を口にしない!

寝る前に食べ物を食べると、胃の中で食べた物を完全に消化しきれずに、それが脂肪となってしまい太る原因になります。

そこで、寝る時間にもよりますが、21時以降に何も食べないことで、胃を空にしてから寝れば太らないというわけです。

その21時というのはあくまでも目安で、20時とか19時とか、早い時間になればなるほどダイエットには良いそうです。

この方法は、21時前までは、普通に食事を取れますので、無理な食事制限をすることなく、比較的楽にダイエットをする方法だと思います。

2、食事をするときは水物から!

食事をするときは「水物」から先に食べたり飲んだりすること。

味噌汁があるなら、ご飯よりも味噌汁から先に食べる。味噌汁がないときには、水でもお茶でも水物を1杯程度飲んでから食事をすると良いそうです。

それは、食事をする前に水物を食べたり飲んだりすると、お腹が膨れ満腹感を得やすくなるためです。水物を先に食べるたり飲んだりすることで、普通に食事をするよりも、少ない量で満腹感を得やすくなります。

3、噛む回数を増やす。

満噛む回数を増やすと、満腹感を早く得やすくなります。

それは、噛む回数を増やすことで、脳の満腹中枢を刺激して「満腹ですよ!」というを信号を早く脳に送ってくれからです。

目安としては、いつもの食事よりも「5回以上」多く噛むのが良いとのことです。

4、間食は食事を食べる30分以内

ダイエットでは、食事をきちんと3食食べて、それ以外は何も食べないというのが基本だと思います。しかし、ときには、3食の食事以外に「甘い物などが食べたい!」となってしまうと思います。

そういったときには、無理をして食べないことを繰り返すと、最終的にバウンドしてしまことにもなりかねませんので、多くは無理ですが、少量なら無理せず食べたい物を食べた方が良いとのことです。

ただし、間食をするのは、食事をする「30分以内」で、それは、食事をする30分以内なら「間食+食事」で、食事の量を抑えることができるからです。

最後に

上記の4つを実践することで「ゆる食事制限ダイエット」ができるというわけです。

ただし、上記の4つも実践するのは無理だ!という人は、自分で実践しやすいものを2つでも3つでも選んで実践することで、4つの全てを行わなくても、ダイエット効果があるとのことです。

とにかくダイエットは、継続させなければ意味がないと思いますので、ゆるいダイエットで無理なく継続させることが、ダイエットのコツだそうです。

ダイエット日記人気ランキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク