朝食抜きダイエットは本当に効果があるのか?

スポンサーリンク

朝食抜きダイエット

ダイエットにもいろいろありますが、そのダイエットの方法の1つとして「朝食抜きダイエット」があります。

その方法は簡単で「毎回の朝食を抜くこと」です。

その朝食抜きダイエットについてのメリットやデメリット、また、効果のほどを話したいと思います。

朝食抜きダイエットのメリット

1、カロリーを抑えられる。

朝食を抜きますので、その分のカロリーを抑えられます。

そのカロリーを抑えられることで体重も落ちるということです。

2、胃を休めることができる。

ずっと胃が動いている状態だと、当然胃に負担が掛かりますので、健康上良くありません。

胃を休めることで、胃の空腹感が増し、食べ物をおいしいと感じることができます。

また、胃を休めることは、胃の負担を和らげ胃の調子を良くしてくれます。

朝食抜きダイエットのデメリット

1、栄養が吸収しやすくなる。

胃を休めることで、次に食事をしたときは、栄養を吸収しやすくなってしまいます。

必要以上に栄養を吸収するということは、その分太るということです。

2、余計に食べてしまう。

朝食を抜けば、その分お腹が空きます。

お腹が空けばたくさん食べたいと思い、実際たくさん食べてしまうという人も多い思います。

3、頭が回らない。

空腹感が増すと、その空腹ばかりに気を取られ頭が回らなくなります。

また、空腹だと頭の回転に必要な「ブドウ糖」もない状態ですので、頭の回転が鈍くなるといわれています。

最後に

朝食抜きダイエットをやったことがある私の感想は、実際に体重は減りましたので効果はあると思います。

しかし、朝食抜きダイエットには、メリット・デメリットがありますので、人により合う合わないがあると思います。

ダイエットについては、その合う合わないが大切だと思いますので、やってみて自分に合うなら続ける。合わないなら他の方法を考える。それが大切だと思います。

ダイエット日記人気ランキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク