ダイエット中でもお菓子を食べても大丈夫!?そのルールとは?

スポンサーリンク

お菓子はダイエットの天敵?

ダイエットの天敵、それは高カロリーの「お菓子」だと思います。

ポテトチップス、ポップコーン、チョコレート、ドーナッツ、バウムクーヘンなど、お菓子類でいろいろな高カロリーな食べ物があると思います。

しかし、ダイエット中でも食べたくなるのがそのお菓子で、ダイエット中でもお菓子を食べる方法はないかと思い探してみたところありました。

そのダイエット中でもお菓子を食べてもいいルールとは?

ダイエット中にお菓子を食べるルール

・代謝が活発な時間に食べる。

代謝が活発な時間に食べ物を食べることは、それだけ食べた物が代謝されることになり、普通時に食べたよりも太りにくいとのことです。その時間帯は「10~15時」とのことです。

逆に、寝る前や夜中は代謝が悪くなりますので、ダイエット中にお菓子などの高カロリーな物を食べるのは厳禁です。

・飲み物と一緒に食べる。

飲み物と一緒に食べることで、満腹感を得ることができます。そのことで食べる量を制限することができます。また、飲み物も温かい飲み物だと一層の満腹感を得ることができるとのことです。

それは、温かい飲み物と一緒だと、一気に食べることができなくなり、少しづつ食べることになりますので、そのことで満腹感が得れるとのこのことです。

・お菓子の質を考える

お菓子にもいろいろな種類があり、カロリーの高いお菓子もあれば、カロリーの低いお菓子もあります。そこで、ダイエット中には、できるだけカロリーの低いお菓子を食べることが必要になると思います。

例えば、ヨーグルト、ゼリー、ドライフルーツ、野菜チップス、グミなどは、比較的カロリーの低いお菓子になると思います。

最後に

ダイエットをするには、それなりの我慢だったり忍耐だったりが必要になると思います。そこで、お菓子についてもダイエット中には気を付けて食べる必要があると思います。

好き勝手にお菓子を食べていたらダイエットにはなりませんからね。

ダイエット日記人気ランキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク