無理をしないダイエットの方法!その4つステップとは?

スポンサーリンク

無理をしないダイエット

以下の4つのステップを実践することで、無理をしないでダイエットをすることができるそうです。

その内容は「間食を減らす」「寝る3時間前には食事をしない」「夕食を軽くする」などといったダイエットには基本的なことです。

以下、その4つのステップについて詳細を記載したいと思います。ダイエットの参考になれば幸いです。

食事を抜く前に間食を減らす

ダイエットで、食事を抜いたり制限をしたりするよも、まずは間食を減らず努力をすることが大切

その上で、最終的に間食をしないように努力をするのが良い。

3食きちんと食べて間食をしないのがダイエットにはベスト

就寝前3時間の食事は控える

寝る3時間前は、食事も間食もNG

それは、食べ物を消化するには3時間掛かるといわれ、その消化が終わる前に寝るのは、健康にもダイエットにも良くないからです。

どうしても空腹だというときは、白湯やカフェインの入っていないお茶やホットミルクなどでその空腹を埋めるのが良いとのことです。

朝食、昼食をメインに夕食は控えめに

夕食は、寝る前の食事になりますので、多くを食べると消化しきれず寝ることになります。

消化不足で寝ることは、睡眠の妨げになり、寝ている間は、エネルギーの消費が少ないですので、その消化不足の分が、脂肪として体に溜まりやすくなります。

逆に、朝・昼の食事は、その後の活動をするためのエネルギーとなりますので、しっかりと食べるのが良いとのことです。

夕食を軽い食事にする

上記の「朝食、昼食をメインに夕食は控えめに」とほぼ同じ内容ですが、夕食は極力軽い食事にした方が、睡眠にもダイエットにも良いとのこと。

睡眠が不十分だと、健康に悪いのはもちろんのこと、ダイエットにも良くありません。

それは、睡眠不足だとホルモンバランスが悪くなり「グレリン」というホルモンが胃から多く放出され、食欲を増進させるからです。

最後に

無理をしないダイエットの4つのステップは、そのどれもがダイエットには基本的なことだと思います。

しかし、この基本的なことが守れないで太ってしまうという人は、私も含め意外に多いと思います。

私自身も、食事よりも間食が多かったり、寝る1~2時間前に食事をしてしまったりなどのときが多々ありますので、上記の4つを守りダイエットに励みたいと思っています。

スポンサーリンク