ファーストフードは健康に悪い!?そしてダイエットにも悪い!?

スポンサーリンク

ファーストフード=悪?

ファストフードを週に2回以上食べると「糖尿病」や「心臓病」のリスクが高まる。

また、週に4回以上食べると「がん」や「心筋梗塞」で死ぬリスクが「80%」も高まる。

妊娠中に食べると、胎児の脳に変化が生じ、赤ちゃんは過食症になる。

さらに、ファストフードはうつ病も発症させる・・・

真意のほどは不明ですが、巷では「ファストフード=悪」のように扱われています。

マックは健康に悪い!?

また、米国マクドナルドの従業員専用のウェブサイトでは、従業員に対して「健康のためファストフードは食べないように!」とアドバイスをしているそうです。

にわかには信じがたい話しですが事実です。

そこで、健康に悪いとわかっていながら、平然と売っている食べ物ってどうなの?と思うのですが・・・

ただし、どんなといっては語弊がありますが、どんな食べ物にも悪いは付きもので、例えば、野菜などは農薬を使用していて、その農薬が健康に悪い。

また、一般に売られている小麦粉などは、白くするために精度を上げたり漂白などをしている加工品で、本来の小麦粉とは違い、食べると消化するために体に負担が掛かるので、健康上良くないともいわれています。

ですので、マックなどのファーストフードは、高カロリーなものが多いため、必要以上に食べ過ぎるのは健康上良くないということで、たまにとか適度に食べる程度なら問題ないと自分は思っています。

最後に

ダイエットをしていると、どうしてもマックなどのファーストフードを食べるのは悪いみたいになりがちですが・・・

むしろ、食べたいものを我慢するダイエットよりも食べたい物を食べるダイエットの方が、効果は持続するといわれています。それは、食べたい物を我慢する行為は「リバウンド」などに繋がることが多いからです。

なんにせよ、必要以上に食べるのは良くないということだと思います。

そうはいっても、たまに食べたくなってしまうのがファーストフードで、ダイエットを考えると健康云々より先にカロリーが高いので、手が出しにくいというのが現状だと思います。

ダイエット日記人気ランキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク