外食はダイエットの敵!?外食をしても太らない方法とは

スポンサーリンク

外食はダイエットの敵!?

外食は、カロリーが高いものが多く、ダイエットの敵だと考える人も少なくないと思います。

そして、実際にカロリーが高い食べ物が多くありますので、ダイエットしている人は、外食は、極力避けた方が良さそうです。

しかし、ダイエットしているといっても、たまには外食もしたいと思うし、仕事の付き合いでなどで、どうしても外食しなければならないということもあると思います。

そこで、ダイエット中に外食をしても、太りにくい食べ方があるとのことで、以下に紹介したいと思います。

単品で注文する。

例えば、ファミレスなどで食事をするときは、ハンバーグやステーキなどのメイン料理に、ご飯やパンなどが追加された「セットメニュー」を食べることが多いと思います。

しかし、ご飯やパンなどは糖質が高く、ダイエット向きの食べ物ではありません。

そこで、セットメニューは頼まず、ハンバーグやステーキなどを単品で頼むことで、糖質を制限でき、糖質の摂取を抑えることができます。

もしくは、ご飯やパンなどなどを食べるときは、少量に抑えた方が良いと思います。

サラダバー(サラダ)を活用する。

しかし、ご飯を抜いたり量を制限したりで、単品の魚や肉などのメイン料理だけだと、食事の量としては物足りないとなると思います。

そこで、サラダバーなどがあれば、それを利用することで「単品料理+サラダバー」で、満腹感を得ることができると思います。

ただし、サラダを食べるとき、ドレッシングやマヨネーズなどを使ってしまえば、ご飯やパンを制限した意味はなくなりますので、ドレッシング類は使わないか、使っても少量にすると良いと思います。

また、サラダバーにあるカボチャやサツマイモなども糖質の高い食べ物ですので、避けた方が良いと思います。

食べる順番も大事です。

また、食べる順番にも気を付けることが必要です。

食べる順番としては、汁物、野菜類、肉や魚などのメイン、ご飯やパンなど、この順番で食べることが、ダイエットには良いとされています。

なぜ食べる順番がダイエットには大事なのか?それは、食べる順番を守ることで、血糖値の上昇を抑え、満腹感を得ることができるからです。

それは、血糖値の上昇を抑えることで、食べた物が脂肪になりにくくなるからです。

最後に

外食は、ダイエットの敵だとわかっていても、たまには外食したと思います。

そこで、ダイエット中だからと無理に外食を控えれば、ダイエットの負担になると思いますので、外食したいと思ったときは、無理に我慢せず外食した方が良いと思います。

そして、上記の方法を外食で試せば、ダイエット中に外食したとしても、暴飲暴食などをしなければ、それほど太ることはないと思います。

ダイエット日記人気ランキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク