食べないダイエットは逆に太りやすい体質を作ってしまう。

スポンサーリンク

ダイエット=食事制限

ダイエットと言えば「食事制限」というのが、多くの人がやっている、ダイエットの方法になると思います。

それは、おかずの量を減らすとか、ご飯の量を減らすとか、おかずだけを食べてご飯を食べないとか、そういったことで食事制限する方法です。

もしくは、1日3食食べるところを、1食抜いて1日2食にするなど、そういった食事制限もあると思います。

とにかく、ダイエットで一番多い方法が、食事の量を減らしたりなど、何かしらの食事制限する。という方法になると思います。

カロリーが低い物を食べるダイエット

もしくは、食事制限ではなく、食べる量はそれほど変えずに、カロリーが低い物を食べるように心掛ける。

そういった、ダイエットの方法を実践している。という人もいると思います。

それは、カロリーが低い「こんにゃく」とか「寒天」とか「ささみ(鶏肉)」などを食べる。という方法になります。

ただしその方法は、食べる物が限定されますので、食べ物に飽きてしまうというのがあると思います。

食べないダイエットについて

そして、ダイエットの効果を大きくしたいと思いやることが、食べないダイエットになると思います。

それは、上記に書いた1日3食食べるところを、1日2食にしてみるとか・・・

もしくは、1日1食にするとか、1日全く食べないダイエットをする。という人も中にはいると思います。

しかし、食べないダイエットは、簡単に体重を減らせる一方で、太りやすい体質になってしまうと言います。

体がエネルギーを吸収しやすくなる。

それは、食事を取らないことで、体が糖質などのエネルギーを、吸収しやすい体質になってしまうからです。

そのことで、少ししか食べてないにも関わらず、体重が全く減らないとか・・・

もしくは、普段と変わらない量の食事内容なのに、逆に太ってしまった。などの体質になってしまいます。

ですので、食べないダイエットは、簡単に痩せられる反面、食事制限を一度でも止めると、元に戻るのも早いということです。

ダイエットの適度は難しい。

そこで、ダイエットで一番良い方法は、適度に食べて適度に運動することです。

しかし、その「適度」というのが曲者(くせもので)で、適度に食べて適度に運動ができないから、太ってしまい悩んでいるわけで・・・

適度が簡単にできるなら、何も苦労はしないと思います。

とにかく、食べないダイエットは太りやすい体質を作りますので、ダイエットでは食べることも必要になるということです。

ただし、食べることが必要だと言っても、食べ過ぎには当然注意が必要になります。

ダイエット日記ブログンキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク