結局ダイエットは意志の強さで決まるのか!?

スポンサーリンク

太っている人の多くは食べる量が問題?

しっかりと食べているにも関わらず痩せている人がいる一方で、あまり食べていないのにも関わらず太っている人もいます。

しかし、太っている人の多くは、私も含めて明らかに食べる量が多いのが事実だと思います。

そこで、太っている人と痩せている人の違いは、食べる量だけではないのか?意志の強さで食べる量をセーブできさえすれば痩せることは可能なのでは?と思うわけです。

ダイエットの多くが食事制限

ダイエットにもいろいろな方法はありますが、そのどれもが基本的に食べ物をセーブしたり置き換えたりするものばかりです。

例えば、炭水化物抜きダイエットは、炭水化物を食べない方法ですが、普通に食べる食材を炭水化物以外の物に置き換えるダイエット法です。

また、運動をして痩せるなどの方法もありますが、その運動だけで痩せることは基本的に難しく、ある程度の食事制限をして初めて効果が上がるものだと思います。

これらのダイエット法については、毎日コツコツと継続するための意志の強さが必要になると思います。

ダイエットには意志の強さが必要?

結局、食事制限するにせよ運動するにせよ短期間では効果は薄く、意志の強さで継続させなければ痩せることはできないと思います。

太っている痩せているというのは「体質の違い」という人もいるかもしれませんが、私の周りで、体質によって太ってしまったという人を私は誰一人として知りません。

また、薬による副作用などで太ってしまったという人もいるかもしれませんが、そういったレアケースを含めて体質だというのは少し違うのかなと思います。

そこで、結局のところは、太っている人の多くが意志が弱く、その弱い意志のために太ってしまってると思います。

最後に

私の場合ですが、毎日食事として食べる量は、決して太る量ではないと思っています。

私が夕食に食べている物:ズボラ男のズボラ飯ブログ

しかし、その食事、特に夕食を食べたあとに寝るまでの時間が結構ありますので、その時間に口が寂しくなってしまい、そこで、お菓子やチョコレートやアイスクリームなどを間食してしまっています。

間食すれば太るとはわかっているのですが、仕事のストレスだったり、暇な時間潰しだったり、小腹が空いたりで、今日だけはと思い意志が弱く食べてしまっている現状があります。

とにかくダイエットには「絶対に痩せるんだ!」という強い意志が、ダイエット法云々よりも先に必要だと私は思っています。

スポンサーリンク