ダイエット中に食べ過ぎてしまった対策の夕食断食とは?

スポンサーリンク

ダイエット中は3食しっかり食べる方が良い!?

ダイエットでは、朝・昼・晩の3食しっかり食べて、その代わり間食などで無駄に食べ物を摂取しないことが良いといわれています。

しかし、3食しっかり食べるといっても、毎回お腹一杯になるまで食べていては、ダイエットにならないと思います。

むしろ、それではダイエットにはならず、逆に太ってしまうということもあると思います。

そこで、3食しっかり食べるといっても、ダイエット中は「適度な量」もしくは「適切な量」を食べることが必要になると思います。

ダイエット中に食べ過ぎてしまったらどうする?

例えば、ダイエット中でも会社の付き合いなどで食事に行って、つい食べ過ぎてしまったなどのことがあると思います。

そこで、普通に食べる3食の食事で食べ過ぎてしまったり、上記の会社の付き合いなどで食べ過ぎてしまったなど場合にはどうすれば良いのか?

その対策の一つに「夕食を抜く」(夕食断食)という方法があります。

しかし、ダイエット中は朝・昼・晩の3食をしっかり食べた方が良いといわれていますので、夕食を抜くというのは矛盾しているように思います。

夕食を抜くのは矛盾している!?

確かに夕食を抜くというのは、上記に書いたダイエットとは矛盾していると思います。

しかし、食事を食べ過ぎてしまった場合は、その分多く運動するか、もしくは食事の量を減らす(食事制限)か、その2択しか基本的に方法はありません。

そこで食事を減らすとなると、どこで減らせば良いかという問題ですが、それは寝る前の食事を減らすのが、ダイエットには一番効果的です。

それは「夕食」ということになり、食べ過ぎてしまった場合は、前日もしくは翌日の夕食を抜くというのが良いということです。

カロリーが低い物なら食べてもOK

夕食を食べない夕食断食の方法は・・・

夕食を食べないといっても、カロリーが低い「ゼリー」だったり「こんにゃく」だったり、そのような物なら食べても問題ないそうです。

また、野菜スープは比較的カロリーが低く、栄養も取れますので良いとのことです。

ということで、夕食を抜いたりカロリーの低い物を食べることで、食べ過ぎてしまった分のカロリーを差し引くということです。

そして、夕食を抜いた後は、また3食の食事を取るように戻せば良いとのことです。

最後に

夕食断食は、ときには胃を休めることになりますので、健康には良いことだと思います。

ただし、続けて夕食を食べないとか、頻繁に夕食を断食するなどは、かえって不健康になる場合がありますので注意が必要です。

とにかく、ダイエット中は食べ過ぎることなく、仮に食べ過ぎてしまった場合には、夕食を抜くという夕食断食があるということです。

ただしそうはいっても、ダイエット中だとついお腹が減ってしまい、食べ過ぎてしまうということがときにはあると思います。

ダイエット日記ブログンキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク