ダイエットには朝食を抜かない方が本当に良いのか?

スポンサーリンク

ダイエットには朝昼晩の3食を食べる方が良い!?

ダイエットをするには、3食きっちりと食べて、その上で食材を変えたりカロリーの低い食材にしたりする方が良いといわれています。

それは、1日2食とか1食に減らせば、それだけお腹が減ってしまい、1食に食べる量が増え暴飲暴食など必要以上に食べ過ぎてしまう可能性があるからです。

なら、3食普通に食べて、暴飲暴食など必要以上に食べることを止めれば、自然と体重は落ちて行くという考えからです。

食べたくない朝食を食べる必要があるのか?

しかし、朝食を食べれば、多かれ少なかれカロリーを摂取することになり、カロリーを摂取すれば当然体重は増加します。

また、朝食を食べたくないときもあるでしょう?そこで3食を食べなければとの思いから、無理やり朝食を食べるのはどうなのでしょうか?

無理やり食べる食事などおいしくもなければ、そんなおいしくもない食事を食べても健康にも良いとは思えないのですが・・・

なら始めから朝食など食べない方がマシだと思うのが当然というか普通だと思います。

朝食を抜くことのリスク

そこで、朝食を抜くことでリスクはあるのか知らべた研究したチームがあったそうです。

その研究チームの発表によれば「朝食を抜くことが多い人は、毎日食べる人に比べて脳出血のリスクが3割以上高まる」との発表をしました。しかし、朝食を食べることでのリスクもあります。それは体重の増加などです。

また、ダイエットを考えたとき朝食を食べることはメタボリックシンドロームのリスクを抑えるという言論は、実は実証されてなくて、単にそういわれているだけだという人もいます。

最後に

結局、朝食については、私調べですが、食べた方が良いとの意見の方が多かったです。しかし、食べても食べなくてもどちらでもとの意見もあり、正直、朝食を食べた方が良いのか?それとも抜いてもいいのか?それは、どちらでもいいような気がします。

それは、朝食を食べるといっても無理して食べるのもと思うし、人によっては、寝起きに朝食を食べると胃がもたれて気分が悪くるという人もいると思うからです。

ですので、朝食については、人により生活リズムがあると思いますので、その自分の生活リズムに合わせて食べる食べないの判断をすべきだと思います。

とにかく、朝食を食べるにしても多く食べれば当然それだけ太りますので、軽くシリアルやフルーツを食べるとか、時間がなければ牛乳や野菜ジュースを飲むなどで、朝食はその程度で十分活力になるとのことです。

ダイエット日記人気ランキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク