食卓など周りを寒色にしてダイエットする寒色ダイエットとは?

スポンサーリンク

ダイエットに色は重要

色には、食欲を増進させる色と、食欲を減退させる色があります。

それを事前に知っているのと知らないのとでは、ダイエットに差が出るかもしれません。

そして、そのことをダイエットに活用することで、より効果的なダイエットができる可能性があります。

特にダイエットをする上で、色の「寒色」と「暖色」を知っていると、ダイエットではタブーとされる食べ過ぎなどのことを防いでくれる可能性があります。

寒色は食欲を減退させる。

寒色とは、食欲を減退させる色といわれていて、その具体的な色は、青、緑、紫などといわれています。

特に「青」(ブルー)は、食欲を減退させる色といわれています。また、青は心を落ち着かせる色ともいわれています。

そこで、食卓に青いのモノを置いたり、テーブルクロスや食器などを青系にすることで、食欲を抑える効果があるといわれています。

ただし、全ての人にそれが当てはまるわけではありませんので、人により効果は違います。

暖色は食欲を増進させる。

一方、赤やオレンジや黄色などの「暖色」は、食欲を増進させる色といわれています。

そこで、上記の赤やオレンジや黄色などを食卓や食器などに使っているのであれば、ダイエットのことを考えるなら、避けた方が無難かもしれません。

ちなみに、コンビニやファーストフードの店内や看板などを見ると、赤やオレンジや黄色などの暖色が多く使われています。

それは、暖色は食欲を増進させるためで、内装や照明などに暖色を多く取り入る飲食店が、最近では増えています。

寒色にする具体例

ダイエットのことを考え、寒色にする具体例としては、テーブルクロス、箸(はし)、コップ、食器などを青にする。

また、テーブルの上に花などを飾っていれば、花瓶を青にする。それ以外にも、食卓から見える範囲の場所に、青系のモノを多く置くなどがあります。

逆に暖色のものは、食卓などから避ける努力も必要にります。

そして、寒色でダイエットをするにも、一度に全て寒色にするのは難しいと思いますので、一つずつ少しずつ寒色に変えて行けば良いと思います。

最後に

寒色ダイエットは、色に頼ったダイエットの方法になります。

ですので、食卓などに寒色のものを取り入れるだけですので、手軽にできるダイエット方法になると思います。

ただし、人により効果はさまざまですので、寒色のものを取り入れても、必ずダイエットの効果があるというわけではありません。

また、寒色を取り入れても必要以上に食べてしまえば、ダイエットにはなりませんので、その点で注意が必要だと思います。

ダイエット日記ブログンキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク