暴飲暴食をしていないのに太ってしまう人の生活習慣

スポンサーリンク

暴飲暴食をしなくても太る!?

暴飲暴食をしていないのに、太ってしまうと悩んでいる人は多いと思います。ちなみに私もそううちの1人です。

自分では、それほど食べていないと思っていても、後から食べたものを考えると、結構な量だったり高カロリーの物を食べている。それでは太ってしまうのも当然だと思います。

私も同じ様な感じですので、上記の話しは耳が痛い話しです。

朝食を抜いてランチをモリモリ

朝は、時間がなく誰でもギリギリまで寝ていたいと思います。

特に、仕事が忙しく毎日残業続きで、仕事から夜遅く帰宅する人などは、睡眠時間を少しでも多く確保したいと思います。そこでありがちなのが、朝食を抜くことで、その朝食に掛ける時間を寝るというものです。

朝食を抜くと、お昼近くになるとお腹が減ってしまい、ランチを多目に食べたくなります。

ランチを多く食べるより、朝を普通に食べてランチはほどほどにした方が、太りにくくダイエットにも良いといわれています。

定期的におやつの時間を取る

おやつというかお菓子類は総じてカロリーが高いのが常識です。その高いカロリーのお菓子を毎日決まった時間に食べていれば太るのは当然です。

お菓子類は、継続して食べると癖になってしまい食べるのを我慢することができなくなってしまいます。

お菓子類を食べるときは、カロリーの低いものを選び、かつダラダラ食べずに短時間で食べるのが食べ癖を付けない1つの方法です。

パンやパスタは高カロリー

パンは、1つのパンでカロリーが高い物だと400~500カロリー以上もします。このカロリーは、ご飯1回分に相当します。

ご飯(食事)としてパン食べる場合、1つだけでは足りないと思いますので、2つ3つ食べると思います。当然、パンを多く食べれば総カロリーは高くなり、その割にはお腹が張らず、腹持ちが悪いのがパンやパスタです。

そのパンやパスタをたまに食べるなら良いと思いますが、毎回食べるとなると高カロリーのため、あまり食べていないつもりでも太ってしまう原因になるこがあります。

最後に

太っている人は、往々にして上記のことが当てはまると思います。もちろん、私も太っていますので、あてはまることが何個かあります。

それは、毎日朝食を抜いている。夕食後に決まって間食をしてしまう。などで、この記事を書きながら気を付けないといけないと反省しました。

ダイエット日記人気ランキグ ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク